GM破綻、昔のキャデは最高だったのに

 ついにGM(ゼネラルモータース)は、アメリカの国営企業となることになった。アメリカ国家主導のGM再生に入る。

■ GMは昔はいい車を作っていた。

 キャデラック、ビュイックなど強いアメリカを象徴する高級車。今でもこのブランドはあるが、なんとなく貧弱なデザイン。特にビュイックはひどい。昔90年代は、ビュイックパークアベニューウルトラ という車種があって、かっこよかった。日産Y31シーマを大きくしたようなデザイン。しかし、今のビュイックは、間の抜けたマナズ顔、あれでは売れるはずがない。

 シボレー、ポンティアックというブランドもGMはもっている。シボレーならコルベット、ポンティアックならファイアーバードトランザム。昔は人気だった、5.7リッターLT1エンジンを搭載し最高のスポーツカーであった。しかし、今トランザムなど見たことも無い。

 もっといい車を作らない限り、自動車メーカーとしては生き残れない。公的資金を投入しても潰れるものは潰れるのだ。(日本でも大型車の好きな人は多い、先日も当社へPCを引き取りに来たお客さんがギャデラックで来てくれた。大きい車を自信を持って作り続けることも戦略かと思う。小さくして貧弱なクルマばかりになると、ブランドイメージの低下となる。)

 大きいクルマだから売れないと言う思い込みは危険である。全長5.4m以上もあり3000万近くするベントレーは、憧れのクルマであり、確固たる高いブランドイメージが定着しています。これを見習ってほしい。

 ■ まだフォードは少しは見込みがある。

 GMは最悪な状況に対して、フォードは比較的まともである。リンカーンブランドも健在、売却できる資産もあり、ビック3の中では1番破綻の心配は少ない。(リンカーンタウンカー、リンカーンナビゲーターなど、かっこいいと思う。サンダーバードがなくなったのが寂しいが。。。その代りにムスタングががんばっている。)

 フォードも昔は良いクルマはもっといっぱいあった。リンカーンマーク8、マーキュリークーガ、グランドマーキーなど。今マーキュリーブランドはあるのかな?日本ではほとんど見なくなりました。 (残念ながらリンカーンマーク8はもう無い。。。)

 クライスラーは、300C以外は不振。300Cはベントレーを小さくしたようなデザインであり、路線としては良いところを狙っている。低価格VIPカーという路線。でも高級車が利幅が高いので、クライスラーのトップブランドであるインペリアルを復活させるとブランドイメージが高まり、インペリアルの下位モデルとなる300Cももっと売れると思う。

 もう少しマーケティングを考えて、クルマの車種を展開すればここまで落ち込まないと思うが、どうだろうか。(私は昔からアメ車ファン。今もアメリカ車に乗っているので、なぜ売れないか弱点もよく理解している。どうか、日本にもアメ車ファンがいるので、がんばってほしい。)

 ■ 結論

 結論はつまりこうだ。不況で売れないのは事実だが、売れない理由は他にもあり、そちらを真剣に考えないことが問題だということ。良い車を作ることが1番の課題である。(大型車が好きな人もいるのだから、自社のポリシーをもってクルマの開発をしてほしい。その熱意はユーザーに伝わる

 世界の高級車 キャデラックを殺してはならない。

Let us talk about
Name and Mail are required
Join the discuss